通関士求人ランキング【※求人数が多いサイトNo.1はココ!】

通関士の転職には転職サイトが便利

貿易の現場で活躍出来て、国益にも貢献することが出来る魅了的な仕事が通関士です。転職の際には転職サイトを利用して賢く転職活動をしましょう。

リクルートエージェントでは通関士の求人も多く扱っており、転職のプロがあなたの転職成功をしっかりバックアップしてくれます。もちろん登録・利用には一切費用がかからないのもおすすめのポイントです。

通関士の資格を生かして「転職」ステップアップ!

  サービス名 利用料金 転職可能エリア
リクルートエージェント 完全無料 全国対応
【当サイトがお勧めするポイント】
■通関士の就職に直結する優良企業からの求人情報が多数なので応募の選択の範囲が広い
将来的にキャリアアップにつながる通関士の求人情報が寄せられている
■全国の各地域の企業の通関士の情報がまとめられており分かりやすい
リクルートエージェントだけの通関士の非公開求人が寄せられている
■幅広い企業とのコネクトがあるので、大手から中小企業まで希望する条件を見つけられる
90%以上が非公開求人なので、見つけにくい情報までさくさくと見つけられる
■経験豊富なキャリアアドバイザーが独自の情報や転職ノウハウを提供してくれるので安心
面接力を高め、正しい履歴書の書き方のアドバイスをしてくれるので安心


マイナビエージェント 完全無料 全国対応
【当サイトがお勧めするポイント】
■転職に役立つ通関士が寄せられているので採用につなげやすい
未経験の人も通関士に採用されるための条件が多く掲載されている
■他のサイトにはない構成で、通関士に応募することができるのが特徴
■今まで見たことのない優良な通関士の条件が多数紹介されている
■今までよりずっと「高収入」に期待できる職場を豊富に紹介してもらう事ができる
■休みや待遇、環境など、細かい条件であっても希望が通るようにサポートしてもらう事が出来る
実績や経験、ノウハウを持つアドバイザーが全力でサポートしてくれるので安心
人事部が会いたくなる様な履歴書の書き方を指導!より高い可能性で合格に期待が持てる


DODA 完全無料 全国対応
【当サイトがお勧めするポイント】
■将来的にステップアップにつながる通関士の転職情報が多く掲載されている
他ではまず見られない通関士の転職情報が多いので、転職に役立つ
■今まで知らなかった非公開求人の通関士の情報を見つけることができる
全国の各地域の企業の通関士の情報が詳しく掲載されている
■一般的には公開されていない「非公開求人」をチェック出来るので、より好条件の求人を目に出来る
登録を済ますだけで求人を待てる「スカウトサービス」があるので、快適に転職活動を行える
■キャリアタイプの診断を行なってもらえるので、どの企業が適任か正しい判断でアドバイスがもらえる
今よりずっと給料が高い条件の職場も紹介してもらえるので、高収入への期待が現実になる


通関士の転職は多い?

通関士の転職は多いのかという疑問に対する答えは、求人が簡単に見つかる状況ではないといった答えになってしまいます。特に転職となれば新卒よりも狭き門になってしまい、ハードルは高くなる印象があります。実際ハローワークで求人情報を検索しても、たまにしか出てこない状況でなかなか探すことは難しい状況ですし、その他の求人媒体でも同様に求人情報が掲載されることは少ないです。それは通関士の主な勤務先が通関業者・船会社・航空会社・商社など企業が限定される点が影響していると考えられます。その為、通関士の転職を考えているのなら、かなり業種などを絞り込んで求人情報を探す必要があります。

通関士は専門職で、資格だけでなく知識や経験が必要な仕事です。その点を考えると転職者の場合は、新社会人と比較して税関対応やお客様対応などの面で社会経験は大きなメリットになって、通関士の転職という点で大きな強みになります。ただ逆に経験が少ないと採用されたとしても、すぐに通関士としての仕事に携わることは難しく、書類の作成などをしながら経験を積んでいくことも多いです。また、現在は通関事業専門企業よりも他の事業と併設している企業が多いので、通関士の転職を考えているのなら他の業務を最初にやる可能性も考えておく必要もあります。その為、少ない通関事業者の求人に応募する時は、面接で通関士の仕事に従事したいというピーアールも大切ですが、それ以外の仕事に関してもやる覚悟があることを伝えることが大事です。通関事業全体を深く学びたいと言った姿勢をアピールすることが大切と考えておくと良いです。

それから通関士の転職で気になる点として、何歳までなら転職が可能なのかと言う点があります。先にも触れましたが通関士は知識や経験が重要になるので、資格があっても通関士としての業務経験が少ない場合は、年齢制限として30代前半がギリギリと考えておくと良いです。通関士としての業務経験がある場合なら年齢はあまり関係なく、40代ぐらいまでなら採用の可能性があると考えられます。また、十分な経験があって管理職としての転職が可能な場合には、年齢を重ねている方が有利な部分があるので年齢は関係ないと言えます。

通関士の転職に必要なのは幅広い知識と経験で、通関だけではなくて貿易全般における知識と経験の有無が転職には有利に働きます。通関士の転職は多いと言える状況にはないので、アピールできる知識と経験として何があるのかなどを考えながら、常にアンテナを張って求人情報を探すと良いです。


Copyright (C) 2014-2017 通関士求人ランキング【※求人数が多いサイトNo.1はココ!】 All Rights Reserved.