50代の通関士求人

通関士求人トップ >> 条件別の通関士求人 >> 50代の通関士求人

50代の通関士求人

通関士は現在どの企業も不足しているらしく、一人の通関士にほとんど全ての手続が負かされていたり、専属の通関士が転職したらその企業の通関事業が全て回らなくなる可能性をもっている企業まであると言われており、こうした場だからこそ再就職のチャンスがあると通関士の資格取得を目指している方がたくさんいます。その中には20代や30代といった若い世代だけではなく50代などある程度年齢を重ねた層も居ますが、実際のところ50代からいきなり通関士を目指したとして通関士としてちゃんと働くことが出来る求人は存在するのでしょうか。

転職活動は当然ながら若さに応じて難易度が大きく変わります。20代なら例え未経験でも簡単に求人を見つけることが出来るでしょうし、選考の際も特に困ることは無いでしょう。ですが50代ともなるとさすがにそう簡単に転職を行なうことは出来ません。人数が不足していると言われている通関士の世界であっても50代の人材をいきなり新入社員に推す採用担当ははっきり言って皆無です。仮に経験者であったとしても正社員ではなく派遣などの非正規雇用枠に収まることが関の山で、間違っても正社員になる事はありません。

50代からの転職ははっきり言ってどの仕事であっても理想通りの転職を行なえることは稀です。経験がある人であって経営者側もやりにくいですし、働いている人も年上の部下が出来ることは歓迎しません。それに当事者も年下の上司に何を言われても良い気分はしないでしょうし、新しい仕事を覚えることも困難なことがほとんどです。通関士のような安定した仕事に就きたいという思いを持っている方もいるでしょうが、未経験からわざわざ資格を取得するなら簿記検定など他の資格を取得したほうが再就職の可能性があるので、通関士への道は諦めたほうが良いでしょう。

ここまで通関士の再就職が難しいことは説明しましたが、それでもと言う人も中にはいるでしょう。そういった方でもチャレンジすることが出来る年齢不問の求人はいくつかありますが、50代からの転職は企業としても経験した事の無い事例だというところがほとんどでしょうし、ましては未経験ともなれば完全に想定外の応募と言って良いでしょう。当然ながら上手くいく保障はまったくありませんし、失敗する可能性のほうが高いとしか言いようがありませんが、それでもチャレンジしたいという方はこれが最後の機会と思って一度応募してみてください。

通関士の資格を生かして「転職」ステップアップ!

  サービス名 利用料金 転職可能エリア
リクルートエージェント 完全無料 全国対応



Copyright (C) 2014-2017 通関士求人ランキング【※求人数が多いサイトNo.1はココ!】 All Rights Reserved.