手当が多い通関士求人

通関士求人トップ >> 条件別の通関士求人 >> 手当が多い通関士求人

手当が多い通関士求人

通関士の年収を考える際、ベースになるのは貿易や通関事業関係のサラリーマンの平均年収です。通関士といえども一般の企業に所属して仕事をしている以上、企業から給与をもらう一般のサラリーマンと身分的には一緒です。よって、通関士というだけで年収がほかの職種より驚くほど高くなるわけではありません。しかし、貿易や通関事業に携わる誰もが通関士の資格を取得できるわけではなく、この資格を持っているということは、難関試験を突破し通関士としてのスキルが公的に証明されていることを示しますから、多くの企業では、資格手当や技能手当として一般職より若干のプラスアルファの評価を下しています。

上記の事情により、貿易業界のサラリーマンの平均年収プラスアルファということで、通関士の年収は400万円を上回る程度と考えられます。ただし、この数字はあくまで平均であり、実際の給与がどうなっているかは個々の企業の考えによって違います。ただ、通関士の資格保有者を募集する求人ならば、通関士資格が給与に反映されないということは考えにくいです。多かれ少なかれなんらかの手当が発生するでしょう。

ただ、通関士の資格手当も企業によって事情が違うので、一概に平均いくらと言うことはできません。もちろん、企業の事情以外にも、通関士本人の実績や役職によっても大きく変わります。よって、基本的なラインを考えても、月に5000円から3万円程度と多少の幅が出てしまい、年間では6万円から36万円と30万円もの差が出てしまいます。本人の実績が際立っており、それが企業のニーズにぴったりマッチしているということでもない限り、採用当初から多額の手当が支給されるとは考えにくいでしょう。資格手当として1万円支給される求人なら、待遇が良い方だと思ってよいです。

「苦労して通関士の資格を取ったのに、たった1万円しか資格手当がないのか」とがっかりされる方もいるかもしれませんが、月に1万円は年間12万円になり、10年で120万円にも上ります。10年も勤続すれば手当も上がっていくと考えられますから、実際に10年間で手にする資格手当の金額はもっと多いでしょう。同じ業務に携わる資格未取得の同僚より、10年で百数十万円ものプラスアルファの収入があるわけですから、決して軽んじることのできない金額です。

実務未経験者にいきなり2〜3万円もの資格手当がある求人はほとんど見つかりませんが、1万円程度なら未経験者が応募できる求人も見つかるはずです。というわけで、資格手当に注目して求人を見る際は、1万円をラインに絞り込んでいきましょう。

通関士の資格を生かして「転職」ステップアップ!

  サービス名 利用料金 転職可能エリア
リクルートエージェント 完全無料 全国対応



Copyright (C) 2014-2017 通関士求人ランキング【※求人数が多いサイトNo.1はココ!】 All Rights Reserved.