産休・育休がとれる通関士求人

通関士求人トップ >> 条件別の通関士求人 >> 産休・育休がとれる通関士求人

産休・育休がとれる通関士求人

女性にとって、産休・育休がとれるところは助かります。通関士はどうでしょうか?求人を見てみると、ほとんどの企業が産休・育休を設けています。これは、通関士に女性の方が多いことが関係しているのかもしれません。通関士の資格試験でも、全体の1/3程度が女性の受験者と言われています。また年々女性の受験者が増えているといいますから、求人でもそれに対応したものが増えてきているのでしょう。

実際に通関士の求人を見てみましょう。東京に本社がある貿易事務では、産休・育休の取得が可能です。通関士の資格取得も目指すことができるので、無資格・未経験でも応募できます。主に20代が活躍している事務所ですが、キャリアップのために30代からでも転職可能です。給与は、未経験者・経験者で変わってきますが、未経験者でも17万円〜23万円程度なので通関士の平均給料(17万円〜19万円程度)を考えると一般的な給与水準になります。経験者になると資格手当が付くので20万円以上が期待できます。また経験年数が多いほど年収もアップしますから、働くほどやりがいを感じられるでしょう。この求人はあくまで貿易事務の場合ですが、産休・育休があるので女性でも働きやすく、仕事復帰もしやすいというメリットがあります。

求人を探すうえで、待遇や福利厚生は重要ですから、応募する前にどんな待遇を受けられるのか、福利厚生は充実しているかなどをしっかり確認しておきましょう。もし”〜など”と詳しく書かれていない場合は、電話で問い合わせてみてください。なかには求人には書かれていなくても、産休・育休があるところもあります。

ちなみに、通関士求人は先にも述べたように無資格・未経験でも応募ができます。もちろん資格があるほうが有利になりますが、資格がなくても支援してくれるところもありますので、キャリアアップにも適している職種です。なかには働きながら資格を取得した人も存在しますから、そういった”働きやすい”ところも通関士の魅力ではないでしょうか。資格取得で手当て(5,000円〜15,000円程度)が付くのも有り難いでしょう。

ひと口に通関士の求人といってもさまざまです。産休・育休があるところ、研修制度を設けているところ、資格取得支援制度があるところなど、企業によって特徴が異なります。ですから、まずはどんな求人があるのかチェックし、比較しながら選ぶことをおすすめします。

通関士の資格を生かして「転職」ステップアップ!

  サービス名 利用料金 転職可能エリア
リクルートエージェント 完全無料 全国対応



Copyright (C) 2014-2017 通関士求人ランキング【※求人数が多いサイトNo.1はココ!】 All Rights Reserved.