フレックスタイム制の通関士求人

通関士求人トップ >> 条件別の通関士求人 >> フレックスタイム制の通関士求人

フレックスタイム制の通関士求人

フレックスタイムをご存知ですか?通関士の求人には、このフレックスタイム制を設けている企業があります。フレックスタイムとは、総労働時間を決め、出退勤の時間は自由にできる制度のことをいいます。別名”自由勤務時間制”と呼ばれており、決まった時間に入社し退社しなくて良いので、非常に柔軟な制度です。近年は、フレックスタイム制を設けている企業も増えてきています。ストレスなく働けるので、勤続年数も長くなりやすく、企業にとってもプラスになりやすいのでしょう。

では、通関士の求人ではどうでしょうか?結論からいいますと、フレックスタイム制を設けている企業も存在します。労働時間は、8時30分〜17時30分の標準労働時間約8時間で、この時間内であれば、好きな時間に入社し退社することができます。もちろん、企業によって労働時間は異なりますから、事前に確認する必要があります。

フレックスタイム制を取り入れるメリットは、”遅刻の心配がない””通勤ラッシュを避けられる””残業時間を削減できる””育児中でも安心”などが挙げられます。やはり自由に出退勤できるので、焦って通勤する必要がなく遅刻も通勤ラッシュも回避できます。これは、会社員にとっては非常に大きなメリットになるでしょう。また退勤時間が決まっていないので育児中の主婦の方でも安心して働くことができます。

通関士でフレックスタイム制を取り入れている企業は、忙しさから解放されます。もともと多忙と言われている通関士は1日に100件以上の依頼が届きますから、時間内に仕事をこなすのは困難です。書類作成・確認・税関職員の許可を得るまでやる事はたくさんあります。また輸入品の関税は1類〜97類程度まで分けられていますから、さらに細かく分けると9,000以上となり、それを考えると決してラクな仕事はいえません。当然残業も考えられるでしょう。そうなると、フレックスタイム制を設けることで残業が削減され、仕事のストレスもマイナスになります。忙しい通関士にとってはフレックスタイム制を設けることで非常に働きやすくなるというわけです。残念ながらフレックスタイム制を設けている企業は一部ですが、希望される方はぜひ探してみてください。

ちなみに、月給や年収は平均水準です。資格を取得していれば資格手当(5,000円〜15,000円程度)が付きます。また経験や能力に応じて待遇を受けることもできます。いろんな求人がありますので、比較しながら探しましょう。

通関士の資格を生かして「転職」ステップアップ!

  サービス名 利用料金 転職可能エリア
リクルートエージェント 完全無料 全国対応



Copyright (C) 2014-2017 通関士求人ランキング【※求人数が多いサイトNo.1はココ!】 All Rights Reserved.