離職率が低い通関士求人

通関士求人トップ >> 条件別の通関士求人 >> 離職率が低い通関士求人

離職率が低い通関士求人

通関士は離職率が低い業界だと言われています。通関士の平均年齢は30代後半から40代前半であり、企業によっては40代半ばでもまだ中堅ぐらいのポジションとして扱われるところもあります。つまり、それだけ長く勤める人が多い業界であり、離職率が低いと言えるのです。通関士の離職率の低い企業では、入社から3年以内の離職率が1〜2%程度というところも珍しくありません。

ただ、離職率が低い企業ということは、欠員があまり出ない企業ということを意味します。したがって、そういう企業が、新たに通関士を募集しようと求人を出す機会はそれほど多くありません。逆に、求人を頻繁に出す企業とは、それだけ退職する人が多い企業だと考えられます。つまり、離職率の低い企業に転職しようと思って求人を探しても、離職率の高い企業の求人しか出ていないということがあるのです。通関士として転職を目指す人にとって都合の良い情報ではありませんが、これが事実です。

離職率の低さで評判の企業でも、時には新たな人材を採用するために求人を出すことはあります。ただ、そういう求人情報は多くのライバルが狙っているため、気づいたときには募集が締め切られていたということもあるでしょう。そうならないためには、実際に働く通関士から評判の高い企業をピックアップして、公式ホームページの採用情報をこまめにチェックし、動きが出たら即座に対応できるように日ごろから準備しておくことが大切です。

以上、離職率の低い求人に応募するためのコツでしたが、逆に、異常に離職率の高い求人を避けるためにできることもあります。まず、求人を出している企業のトップが通関士の仕事を本当に理解しているかを調べましょう。通関業務を経験しない社長の場合、資格さえあればすぐに仕事をこなせると考える傾向にありますが、実際に通関士として一人前の働きができるようになるには数年の修練が必要です。それを知らずに、トレンドに乗って輸入代行などをはじめ、専任者がいた方がよいからと通関士を募集しているような会社では、採用後、恐ろしく忙しくなることも考えられます。

また、採用面接の際に、担当者に前任の通関士が退職した理由を聞くのも、待遇の悪い企業を避ける良い方法です。また、中途採用者の割合も聞きましょう。ちゃんと答えてくれないようなところにうっかり入ってしまうと、採用後に「話が違う!」ということにもなりかねません。通関士の年齢構成、新卒と中途採用の割合をチェックし、新卒の方が多く平均年齢が高めな企業を選ぶのが無難です。

通関士の資格を生かして「転職」ステップアップ!

  サービス名 利用料金 転職可能エリア
リクルートエージェント 完全無料 全国対応



Copyright (C) 2014-2017 通関士求人ランキング【※求人数が多いサイトNo.1はココ!】 All Rights Reserved.