激務でない通関士求人

通関士求人トップ >> 条件別の通関士求人 >> 激務でない通関士求人

激務でない通関士求人

通関士は激務だという話はよく耳にします。実際、毎日遅くまで残業し、時には泊まり込みで書類を作成するという人もいるようです。しかし、忙しいところでも休み返上で働かなければならないというようなところは少なく、休むときにはちゃんと休める企業が大半です。

通関士の勤め先は貿易や通関事業を行う企業ですが、大半の企業は週休二日制を実施しています。物流という仕事の性格上、期日までに必ず仕上げなければならない仕事があり、お盆も正月もなく働くということもなきにしもあらずです。しかし、お盆や正月のような多くの企業が休みの時期には、そもそも貨物の数もそれほど多くなく、激務どころか暇になることの方が多いと考えられます。よって、お盆や正月の休みも返上して働かなければならないほど、通関士という仕事は激務なのではないかと不安に思われている方がいたとしても、実際は求人票に書かれているだけの休日数はあるので安心してください。

しかし、通関士として働く以上、必ず残業は発生すると考えた方がよいでしょう。その企業が取り扱う貨物の種類により、通関士の仕事量も多少は異なると考えられます。ただ、輸出入の手続きのための書類を期日までに仕上げるべく、夜を徹して作業しなければならなかったという経験をしたことがある通関士も少なくありません。平均的な通関士の1日の残業時間は2〜3時間とも言われており、激務ではない求人として紹介される案件でも、「通関士としては」というだけで一般の職種と比べると明らかに激務だということもあり得るでしょう。

それでもなるべくなら激務なところは避けたいというのであれば、求人先の企業についてよく研究しましょう。通関士の人数、年齢構成、離職率、新卒採用者と中途採用者のどちらが高い割合を示しているかなど、そこで通関士として働くうえで参考になる情報が見つかるはずです。中途採用者ばかりで構成されているところは、新卒で採用してもすぐに辞めていく人が多いからと考えられるので、ひとりの通関士にかかる負担は大きいのではないかと予想されます。

すでに通関業務の経験がある方ならともかく、資格は取ったけれど実務は未経験という方の場合、あまり求人を選り好みできないことも確かです。激務は避けたいと思っても、そもそも採用してくれる企業がどれだけあるのかという問題があります。それに、通関士として一人前になるまでは勉強することがたくさんあって、いずれにせよ多少は時間を割いて仕事に打ち込むことになるでしょう。忙しいのはある程度覚悟しなければならないのが通関士という仕事です。

通関士の資格を生かして「転職」ステップアップ!

  サービス名 利用料金 転職可能エリア
リクルートエージェント 完全無料 全国対応



Copyright (C) 2014-2017 通関士求人ランキング【※求人数が多いサイトNo.1はココ!】 All Rights Reserved.