女性が活躍する通関士求人

通関士求人トップ >> 条件別の通関士求人 >> 女性が活躍する通関士求人

女性が活躍する通関士求人

通関士という仕事は、港湾で貿易に携わる男の仕事というイメージがかつてはありました。ただ、そんなイメージはすでに過去のもので、現在は男性女性にかかわらず非常に人気の資格で、実務でも男女変わりなく責任ある仕事を任されている人がほとんどです。

ただ、まだ男性の比率の方が高いのも確かです。企業にもよりますが、通関士の男女比は7:3ぐらいです。しかし、1990年ごろまでは、通関士試験の受験者の男女比は9:1ぐらいでしたから、かなり女性の進出が目立つ業界と言えるでしょう。実際、年ごとに通関士試験を受験する女性の数は増えており、合格者の数も増えています。今後はこの割合が5:5になるまで女性が増えていくと予想されます。

通関士を目指す女性が増えた理由はいくつか考えられます。まず、最近では大手の商社や輸出入も行うメーカーが通関士の資格を高く評価しているので、就職の武器として学生のうちに取得を目指す女子大生が増えているということが挙げられます。また、すでに貿易業界で働いている女性のなかにも、知識を増やすためやキャリアアップのために受験する人が増加傾向にあります。それに、通関士は正社員という形態だけでなく、派遣社員が受け持つ割合も高くなってきたことから、男性に比べて派遣で働く割合の高い女性が目立つようになってきたということもあります。

女性通関士には、男性にはないメリットがあると言われています。審査業務にはインボイスとリストの照合作業がありますが、こうした正確さが求められる細かい作業は女性の方が得意とされています。また、税関職員とのコミュニケーションの取り方が男性より細やかなので、女性の方が好印象を持たれやすいということもあるようです。実際、通関事業所に依頼するお客さんのなかには、女性を担当にしてほしいと頼む人も少なくありません。

確かに通関士の仕事には、航空貨物など力仕事が付随する業務もあります。重い段ボールを仕分けて運ぶのは体力で勝る男性の方が有利でしょう。ただ、大手の通関業者では業務内容が分業化されているので、通関士が荷物の運搬など力仕事をしなければならないということは減っています。中小規模の業者では女性でも力仕事が必要な場合もありますが、それでも男女差が不利に働くことはありません。

結論として、現在の通関士の求人では、性別が不利に作用することはないと断言できます。求人を出す企業は、男性女性にかかわらず優秀な人材を採用したいと考えるので、求人の数だけ女性が活躍できる場があると思ってかまいません。ただ、それだけに個人の能力が深く問われています。

通関士の資格を生かして「転職」ステップアップ!

  サービス名 利用料金 転職可能エリア
リクルートエージェント 完全無料 全国対応



Copyright (C) 2014-2017 通関士求人ランキング【※求人数が多いサイトNo.1はココ!】 All Rights Reserved.