通関士の採用基準

通関士求人トップ >> 通関士の求人探し >> 通関士の採用基準

通関士の採用基準

様々な商品を海外から輸入することで現在の生活レベルが保たれている日本にとって通関士の仕事は非常に重要なものです。通関士の仕事は輸入されてくる商品が適切な形で輸入されているかどうかを確認する通関手続きを行ったり、各種手続に必要な書類の作成や審査など毎日書類作成と審査に追われる事になるのですが、日本経済を回すためには必要不可欠な仕事と言うこともあって大変やりがいを感じますし、今後のステップアップの場としても通関士の仕事は人気を集めています。では通関士の採用基準とはどのような点が評価されるのでしょうか。

通関士として働くためには通関士試験と言う国家資格を取得しなければなりません。学歴や年齢などの制限は一切無いので取ろうと思えばいつでも取得することが出来るので、今から通関士になりたいと言う方はまず試験を受けてみてください。また通関業者などで通関業務に携わってきたと言う方は受験資格が免除されるので、通関士としての転職を希望している方は免除条件を満たしていないかも確認しておいたほうが良いでしょう。試験内容に関しては通関士試験の公式サイトなどでも確認することが出来るので目を通しておいてください。

通関士の資格は通関士になるための最低条件で、これだけ取得していれば誰でも通関士になれるわけではありません。通関士として認められるには通関業者や各企業の専属通関士にならなければならないので、通関士の求人をこまめにチェックして就職活動を行ってください。通関士は輸入品を取り扱う企業には必要不可欠な人材なので求人数は少なくありませんが、最近は通関士の仕事に注目が集まってきていることもあって応募人数は増加傾向にあります。なので、自分を積極的に売り込むためにもアピールポイントをいくつか用意するのがオススメです。例えばTOEICなど語学に関する資格は様々な国から商品を輸入する上で大変役立つので、自分が働きたい企業がどんな国と取引をしているかにも注目してみてください。

通関士として仕事をするためには自分の持つスキルを生かすのはもちろんですが、どうしてそこで働きたいのかを明確にすることが最も重要です。どれだけ能力があっても何となくで就職先を選んでいる人は企業としても就職させる気にはならないので、通関士として働きたいと言う方はちゃんとその気持ちを伝えることが出来るように履歴書の書き方や面接での回答を前もって考えておきましょう。

通関士の資格を生かして「転職」ステップアップ!

  サービス名 利用料金 転職可能エリア
リクルートエージェント 完全無料 全国対応



Copyright (C) 2014-2017 通関士求人ランキング【※求人数が多いサイトNo.1はココ!】 All Rights Reserved.