通関士の適性(向き・不向き)

通関士求人トップ >> 通関士の求人探し >> 通関士の適性(向き・不向き)

通関士の適性(向き・不向き)

通関士とは、貿易に不可欠である税関手続きなどを行う仕事です。貿易をするには税関の許可が必要ですが、通関の手続きは非常に複雑でたくさんの専門知識も要します。そのため、通関士の試験は難関となっており、適性のある人しかなれないようになっているのです。

まず、通関士に求められるのは、輸出入を行ううえでの法律や税金などの手続きに関する知識です。商品によって税金などが異なるので、商品ごとの知識を習得しなければなりません。よって、膨大な商品を分別する能力は必須であり、そのためには商品に対しての関心の深さがあることが前提となります。こうした資質があるかどうかは、通関士試験がストレートに問うところであり、試験に合格した人ならそれを備えていると言えるでしょう。

また、通関士の仕事は国内のことだけに留まるものではありません。世界中で行われる貿易を対象とするので国際感覚を持ち合わせていなければなりません。その点、国際貿易や取引に興味のある人、海外の事情に詳しい人は一歩リードしていると言えるでしょう。もちろん海外を相手にするということは、ある程度の英語力があることも前提です。ネイティブレベルの英語力は必要としませんが、英語の文書を速く正確に読める能力と、意思疎通ができる会話力程度は求められます。

その他の点で通関士に必要な適性といえば、複雑な事務手続きを遂行できるだけの集中力です。通関士の仕事は貿易業務の土台となる重要な仕事ですから、その重要性を認識し、通関士にかかる責任を理解していることが求められます。パソコンに向かってコツコツと作業に打ち込める人が向いていますが、同時に、重い荷物を運んだり貨物の確認のために走り回ったりといった業務も伴うので、それだけの体力があることも適性の一つです。

また、審査がおもな仕事である通関士には、それに伴いさまざまな人とも接します。お客さんから輸出入する商品の情報を収集したり、税関に対してその情報を説明したりといった、情報を正確に伝えられる能力が必要です。また、お客さんに代わり貨物を輸送する航空会社や船会社に必要事項の確認をすることもあります。このように通関士は、情報を聞き出し、それをわかりやすく説明し、時には交渉することもありますから、コミュニケーション能力に長けている人ほど適性があると言えるでしょう。通関士の仕事は、統計品目番号の振り分けなど一人で集中する作業が中心ではあるものの、人と接することが嫌いでは務まらない仕事なのです。

通関士の資格を生かして「転職」ステップアップ!

  サービス名 利用料金 転職可能エリア
リクルートエージェント 完全無料 全国対応



Copyright (C) 2014-2017 通関士求人ランキング【※求人数が多いサイトNo.1はココ!】 All Rights Reserved.