通関士の魅力

通関士求人トップ >> 通関士の求人探し >> 通関士の魅力

通関士の魅力

通関士の仕事は、国際物流を舞台に活躍する貿易のプロフェッショナルと言うことができますが、実情はそのイメージとは違って華々しいものではありません。基本的には一日中パソコンと向き合っているような、やや地味な事務の仕事と見ることもできます。また、取得が難関な資格のわりに、それに見合うだけの収入を得られるかと言われると、そう断言できない部分もあります。経験を積み、キャリアを上げていけば、一般のサラリーマンより高収入を得ることも可能ですが、キャリアの浅いうちは年収200〜300万円で働くという人が大半です。それでも多くの通関士がこの仕事に誇りを持つ理由は、外面的な要素では計り切れない内面的な魅力を感じているからです。

通関士という資格は国家資格であり、財務省の認を得て法律に基づき税関の代わりを務めるのが仕事内容です。世界中の貿易が公平に正しく行われるのは、監督・指導する立場にある者が役割を果たしているからです。その任に就くには法令順守を第一とした正義感を携えていることが求められますが、通関士に魅力を感じている人は、この点を第一の要因に挙げる人が多いようです。

海外旅行をする人であれば税関を通過した経験がありますが、正直、一般の人の税関に対するイメージは、お役所的な冷たい仕事といったものです。しかし、通関士の務めは、あくまで荷物・貨物を輸出入するお客さんの立場に立って、その代行者として、入ってきた荷物を目的地に送るためにサポートすることです。つまり、人の役に立つということがこの仕事の目的であり、通関士として働く人も、この誰かのために貢献しているという点に対して大きな喜びを抱いています。そのために、税関が正しくスムーズに機能するためにどうすればよいのかと、常に向上を目指しており日々の努力を欠かすことがありません。

また、通関士という資格取得の前提ですが、この仕事にはさまざまな知識が求められます。海外からの荷物には日本にない品物が多く、工業製品や化学製品も新しいものが次々と開発されるので、物流については日々勉強していかなければなりません。あらゆる商品についての知識と、それら一つ一つにかかる税率や現在の為替レートなども、正確にマスターしておくことが前提となります。つまり、学ぶことに終わりのない仕事ですが、それだけに知的好奇心の旺盛な人には、常に仕事に関心を持つことのできる奥の深い仕事として大きな魅力を感じるのです。

通関士の資格を生かして「転職」ステップアップ!

  サービス名 利用料金 転職可能エリア
リクルートエージェント 完全無料 全国対応



Copyright (C) 2014-2017 通関士求人ランキング【※求人数が多いサイトNo.1はココ!】 All Rights Reserved.