通関士の転勤事情

通関士求人トップ >> 通関士の求人探し >> 通関士の転勤事情

通関士の転勤事情

通関士は比較的転職しやすい職種と言われています。通関士は人材がそれほど多いわけではないので、十分な経験を積んでいる人材なら即戦力として雇われやすいですし、貿易に関する知識や語学力を活かして他業種に転職する道も選ぶことができます。それでも希望する条件の元転職先を絞り込むとなると苦労することも多いですが、他の業種に比べれば格段に転職はしやすいので、転職を希望している方は求人情報をチェックしてみてください。

比較的転職しやすいといわれている通関士ですが、スムーズに転職することができるかどうかは前職での職務経歴が重要になってきます。通関士として十分な経験を積んでいれば他の職場に行っても一通りの業務をこなすことが出来ますし、引継ぎ業務も比較的スムーズに進める事が出来るでしょう。逆に資格だけ取得してほとんど実務経験が無い人は即戦力としての働きに期待が持てないので、中々希望通りの転職先に転職することが出来なくなるかもしれません。

早期退職は通関士に限らず条件が厳しくなるといわれていますが、年齢を重ねすぎている方に比べればまだ転職はしやすいですし、最近は第二新卒制度が出来たことで早期退職者も新卒と半ば変わらない形で転職することが出来るようになってきています。それでも実務経験があるのと無いのとでは採用担当からの期待も大きく変わってくるので、なるべく早期退職は避けて最低でも3年間は実務経験を積むことが出来るように仕事を続けてみてください。

通関士の転職が有利に進みやすいのは何といっても通関士に必要なスキルが他業種でも大いに役立つという強みがあるからと言われています。通関士の仕事は海外との貿易に必要な書類の作成の代行なので、貿易に関する知識と多くの人とコミュニケーションを取れる語学力が必要不可欠になってくるのですが、これらの知識は金融業界やその他の業界でも強く求められているので、業種にこだわらなければ驚くほど早く再就職することが出来るはずです。

通関士の転職は様々な条件で難易度が変わりますが、基本的には比較的スムーズに進める事が出来るといわれています。出来れば転職先でも通関士として働きたいという方は色々な求人サイトをチェックしてみて、通関士の求人について詳しく掲載しているサイトがないかチェックしてみましょう。特殊な業種なので中々見つからないかもしれませんが、地道に情報収集を続ければきっと良い条件の求人を見つけることが出来るはずです。

通関士の資格を生かして「転職」ステップアップ!

  サービス名 利用料金 転職可能エリア
リクルートエージェント 完全無料 全国対応



Copyright (C) 2014-2017 通関士求人ランキング【※求人数が多いサイトNo.1はココ!】 All Rights Reserved.