通関士の仕事内容

通関士求人トップ >> 通関士の求人探し >> 通関士の仕事内容

通関士の仕事内容

自分の身の回りにあるものにも海外の製品や海外から輸入した原材料から作られた商品が数多くありますが、これらの海外の輸入品は様々な検査を突破した後にし人々の手に渡っています。そうした検査を行う前にも様々な生類のやり取りを経て検査を行う段階にまで来るのですが、その時の書類の作成や検査などを行っているのが通関士と呼ばれる方たちで、毎日様々な商品の輸入出に関する書類をチェックして商品を安全に送り出したり迎え入れたりすることが出来るよう勤めているのですが、具体的に通関士の仕事とはどのようなものなのでしょうか。

通関士の仕事は常に書類が係わってきます。輸入出を行う際税関の許可をもらうために輸入出の申請書を作成する必要がありますし、その他にも様々な書類作成が義務付けられているので、通関士はそれらを全て作成しなければなりません。こうした書類の作成法は送られてきた商品ごとに異なるものも珍しくありませんし、非常に複雑な経緯で送られた商品も中にはあるので、中には一日仕事で書類を作らなければならないこともあります。もちろん一つでもミスがあると各種手続の許可は一切もらえないので、常に神経を使って書類作成をしなければなりません。

書類作成以外の通関士の仕事は貿易に関する一種のコンサルタントとしての働きが求められます。例えば受け入れた貨物の配送法や保管の仕方など通関業者が兼業していることが多い倉庫業や運搬業に関するサポートを行うことが多いですし、輸入した商品が日本の法律上問題が無い商品なのかを説明するなどの業務を行うことも良くあります。また職場によっては通関士以上に海外の商品の関する取り扱いに長けている人材がいないことも珍しくないので、通関士には相乗以上の期待がかけられていると思っておいたほうが良いでしょう。

通関士の仕事内容は職場によってもずいぶん異なるようで、毎日毎日同じような書類作成ばかりで変化がないという人もいれば、輸入商品に関することはほとんど一任されていて一日中動いてばかりという方もいたりと同じ通関士でも職場に対するイメージはずいぶんと異なります。その為就職活動の際はその職場が通関士にどのような人材を求めているのかを正確に確認して自分が働きたい職場のイメージと照らし合わせることが大切です。通関士の仕事は現在注目を集めつつあり、資格取得を目指す方も増えてきているため就職活動は難航するかもしれませんが、就職先の妥協だけはしないようにしておきましょう。

通関士の資格を生かして「転職」ステップアップ!

  サービス名 利用料金 転職可能エリア
リクルートエージェント 完全無料 全国対応



Copyright (C) 2014-2017 通関士求人ランキング【※求人数が多いサイトNo.1はココ!】 All Rights Reserved.