貿易会社の通関士求人

通関士求人トップ >> 通関士の就職先 >> 貿易会社の通関士求人

貿易会社の通関士求人

海外からの輸入品によって衣食住を賄っていると言っても過言ではない現在の日本の生活において貿易会社の存在は非常に大きなものです。貿易会社のさじ加減ひとつで普段の食生活ががらりと変わる可能性がある現状において防衛気会社で働くことは将来の安定に深く結びついてきます。通関士の仕事は様々な海外との取引を円滑に進めるためのサポートが主な業務となっており、貿易会社の仕事にも深く係わっていることから、通関士として貿易会社で働きたいという方はもちろん、他の業種で働きたいという方も選択肢を広げるために通関士の資格を取得しています。では貿易会社の通関士求人はどの程度の量があるのでしょうか。

通関士が働く現場といえば貿易会社のような海外に深い係わりのあるところがイメージされますが、実は貿易会社に勤務して通関士として働くことが出来る方はほとんどいません。居たとしてもそこで働いている人材は大手貿易会社に勤務している優秀な人ばかりで、就職枠もはるかに狭いものとなっています。どうしてこうした状況になっているかと言うと、貿易会社のほとんどは自社で倉庫を持たずに倉庫業者から倉庫を借りており、通関業務も倉庫業者の通関士にまとめて代行してもらっていることから通関士を雇い入れても働く環境が無いところがほとんどのため、貿易会社で通関士として働けるのは自社倉庫を持てるような大手貿易会社の社員しか居ないのです。

貿易会社専属の通関士として働くのははっきり言ってハードルが高いですが、通関士のスキルがまったく役に立たないというわけでもありません。貿易会社で働く以上貿易に関する基礎的な知識は現場で確実に求められますし、通関士の資格を取得しているのであれば最低限必要なスキルは必ず身に付けているということにも繋がるので、通関士の資格を取得しているだけで貿易会社への就職活動は有利になります。更に貿易会社から別の企業に転職して通関士になることも出来るので、これからの人生の選択肢を広げるためにも通関士の資格は持っておいて損はありません。

通関士として働きたいと言う方でも貿易会社専属の通関士になることを初めから希望している方はそう多くはありません。その為就職活動を始めた後も中々面接の内容などの上昇収集も難しくなることが予想されますが、相違した高いハードルを乗り越えた先に得られるものは間違いなく大きなものです。仮に失敗したとしてもその時の経験は今後の糧になってくれるので、少しでも目標に近づきたいという方は積極的に就職活動に挑んでください。

通関士の資格を生かして「転職」ステップアップ!

  サービス名 利用料金 転職可能エリア
リクルートエージェント 完全無料 全国対応



Copyright (C) 2014-2017 通関士求人ランキング【※求人数が多いサイトNo.1はココ!】 All Rights Reserved.